好きだったテニスが嫌いになりそう そんな時どうしたらいい?

「好きだったテニスが嫌いになりそう。そんなとき、どうしたらいい?」
 
 
こんな悩みを持っているプレーヤーは多いと思います。正直、私が現役でテニスをしていた時もこのような時期がありました。高校から大学まで、仲間に負けないようにある意味「どんなに嫌でもやらなければならない仕事」のように割り切って練習に励んでいました。
そんな気持ちで練習をしても長続きしませんし楽しくありません。
 
 
そんな状態のとき、どう考えたらいいのでしょうか?
 
 
ポイントは「結果」ではなく「初心」に目を向けること。
 
 
ここで言う「初心」とはテニスの「基本」ではありません。テニスを「初めてやった時の心」です。
 
 
思い返してみてください。テニスを初めの頃は1球上手く打てること、ラリーがつながることを楽しんでいた。それが好きだった。成長をすることが楽しかった。ささいなことが楽しかったのではないでしょうか。
 
上手くなっても、その感覚を大切にしてみましょう。
 
 
 
テニスが上手くなってくると、いつの間にか良い結果を求め、何かる達成することを楽しむようになっていきます。そして、ある段階までくると「難易度が高い結果」に直面します。
 
 
強い選手が参加する大会に出場すると自分のテニスが通用しなくなり、負けが続いて嫌になってしまいます。
また、今まで出来ていたことができなくなる時も出てきます。これも実は難易度の高い事です。うまくやり続けるのは実は難しいことです。今まで勝てていた相手に負けるようになる、得意なショットのミスが増える、というのも同様。
 
試合に勝てない、上手くいかない、など「結果」を気にしすぎるとつまらなくなってしまう場合があるのです。
 
 
もちろん、結果にこだわることはとても悪い事ではありません。勝ち負けがはっきりしているのはスポーツの醍醐味の1つ。勝った負けたで一喜一憂するのも楽しみでもあります。
 
 
知っていてほしいのは「結果」は楽しむエネルギーになるけれど、同時につまらなくなるリスクもあるということです。
 
そんなときこそ「初心」を確認してみましょう。
 
 
 
「テニスを始めてやった日、何が楽しかった?」
「テニスを始めてやった後、なんでまたやりたいと思った?」
 
 
追いつけるかどうかもわからないボールを追いかけていたこと?ラリーが続いたこと?友達と笑い合っていたこと?
できる限りテニスを始めた時のことを思い返してみましょう。
 
 
テニスが嫌いになりそうな時こそ「初心」を思い返して、テニスのささいな「好き」「楽しい」に目を向けてみる。そうすれば、楽しんで練習できるようになれば、そのうち結果を得られるようになり、止まっていると思っていた成長も実感することになるでしょう。