変化に強い自分になる 日ごろからやっておくべき事とは

10/1、消費税が10%に引き上げられましたね。
TVを見てもいろいろな番組で、キャッシュレス決済でお得に買い物する方法を紹介しています。私自身も今まではクレジットカードで決済していましたが、お店によってはスマホ決済の方がメリットがあると知ったので、先月からスマホ決済を利用するようになりました。
 
 
かなりキャッシュレス決済が進んでいる。と私は思っていたのですが、実はキャッシュレス決済を利用していない人は意外と多いようです。
 
あるTV番組の調査によれば約3割の人しかキャッシュレス決済を使っていませんでした。ただ、この調査は平日の日中に行われていて日で調査対象者は年齢層が高め、平日夜、あるいは土日の年齢層が若めの時間帯なら数値が変わっていたのではないかと思います。
 
このことから、私は「あることをもっと大切にした方がいいのではないか」と感じたことがあります。
 
 
 
最初に断っておきますが、キャッシュレス決済が良くて現金が悪いというわけではありません。キャッシュレス決済だとお金の面では自分は得をしますが、お店や国は余計に負担をすることになります。そういう面では現金の方が他者思いかもしれません。
 
お金を使う量は感謝の量でもありますし、社会に貢献していることでもあります。だからいかに得しようかと考えずに普段通り支払えばいい、というのも共感できます。
 
 
 
私がお伝えしたいのは、新しいことにチャレンジすることをもっと大切にしましょうということです。
 
人は現状維持が好きな生き物です。「今不便してないから」「今で十分」と新しい習慣を拒みがちになります。
 
そうなると近い将来どうなるでしょうか。
何事にも新しいことを取り入れないでいると、会社で異動を命じられた、毎日の仕事でやらなければいけないタスクが増えた、など何か身の回りに新しい変化が起こった時に大きなストレスになります。
 
また、「ダイエットをしよう」「新しいビジネスを始めよう」などと思ったときにも、日ごろから新しいことを選択しないでいると、新しい行動を起こすのに抵抗が大きくなかなか行動に移せない自分になってしまうのです。
 
テニスの場合でも、自分のできるプレーばかりやっていたらどうでしょうか。苦手なことを克服できずに、相手にその弱点をつかれて負けてしまいます。テニスで成長したいなら、自分のできないことにチャレンジすることが大切なのです。苦手を克服できれば、相手にどんな変化をつけられても対応することができます。
 
日ごろからチャレンジの選択をするが変化強い自分をつくるのです。
 
 
 
では、変化に強い自分になるために何をどうチャレンジすればいいのでしょうか?
例えば、普段良くいく飲食店で、一度も頼んだことのないメニューを頼んでみる。帰宅時に一つ前の駅で降りて歩いて帰ってみる。いつも掃除しない部屋の隅を掃除してみる。など生活の中で普段は絶対にしない行動をあえて選択してみることです。
 
そのようなチャレンジが楽しくなってきたらしめたもの。あなたは以前よりも変化に強い自分に変化し始めているということです。
 
その一つのチャレンジとして、今よりも上手に買い物をできるように考えて行動してみてはいかがでしょうか。(こんな結論にしてしまいましたが、決してキャッシュレス決済か何かの宣伝ではありません)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。