勉強やデスクワークで集中力を上げる方法

勉強やデスクワークをしている時に気がついたら他の事に気を取られている、ということはありませんか。集中力が続かないとすぐ終わるものも時間がかかってしまったり、うっかりミスが増えてしまったりといいことがありません。
 
 
集中力を高められれば、目の前の取り組んでいることを効率よく質よく行うことができるようになります。集中できていないよりも集中できているほうが絶対にお得です。
 
では集中力を高めるにはどうすれば良いのでしょうか?
 
ということで、今回は集中力を高めるコツを一つ紹介します。
 
 
今日のポイントは「視界」です。
 
テニスの場合、「帽子」を使って集中力を上げている選手がいます。使うといっても、普通にかぶるだけなのですが。私もその一人、テニスの試合で気を散らさずに集中力したい時には帽子をかぶるようにしています。帽子のつばがあることで視界が狭まり、集中力がアップするのです。
 
 
極限の集中力を必要とするクレー射撃の選手は帽子だけでなくサングラスの両サイドサイドブラインダーというものをつけて前方のターゲットに意識を集中させています。
 

TBS体育会TV クレー射撃をするヒロミさん
 
 
視界を狭めることで余計な情報を排除して、目の前の事だけに集中しやすい環境になります。
 
 
これを日常の勉強やデスクワークに置き換えると・・・
 
 
・天井の低い部屋で勉強をする
・壁向きに机を置いて取り組む
 
天井の低い部屋は細かい作業に集中しやすくなるという研究結果もあります。デスクワークや暗記をするときには最適です。
 
逆にアイディアを出したい時など発想力を高めたいときには天井の高い部屋や、周りを見渡せる視界の開けたスペースで取り組むのがおすすめです。また長時間一定の集中力を保ちたい場合も天井の高いあるいは広いスペースがいいでしょう。
 
短期集中は天井が低く視界が狭いスペースで、アイディアを出したいときや長時間作業をするときには天井が高く広いスペースで行うなど目的に応じて環境を変えてみてはいかがでしょうか。きっといつもより質の高い作業(勉強など)ができるはずです。
 
 ・帽子をかぶって取り組む
 
部屋で帽子をかぶるのはちょっと・・・という方には、最近は集中力を高めるためのグッズが販売されています。
 
例えば、コクヨ「折り畳み集中ブース」
これをデスクにおいて視界を遮ることができます。
https://www.watch.impress.co.jp/docs/news/1177571.html
 
 
また、パナソニックからはウェアラブル端末「WEAR SPACE」というもの製品化されました。(現在商品化はされていないようです)
 
集中力を高めるためたいときは、ぜひ「視野を狭める工夫」をしてみてください。