ミスした時のイライラを解消する方法

テニスで思い通りにプレーができないとマイナス思考になりがちです。
ネットミスが続いた時に「もっと高い弾道で打とう」と思って、いざ次のボールを打ってみるとベースラインを越えてアウトする。すると「なんでコートに入らないんだ!」とイライラしてくる。
テニスを頑張っているあなたならこのような経験をしたことがあるのではないでしょうか。
 
このような時になぜイライラしてしまうのでしょうか?
 
もしかしたら以下のような考えを持っているかもしれません。
・自分はもっと上手いはずだと思っている。
・「自分の実力はこんなものじゃない」と仲間にアピールしたい。
・調子が悪い自分を仲間に気にかけてもらおうとしている。
 
あなたに心当たりはありませんか?
そう考えてしまっているならすぐに考えを改めるべきです
 
 
・自分はもっと上手いはずだと思っている
この考えは自信を持ちやすい反面、上手くいかなくなると不満や落胆の原因になります。自分が考える完璧なテニスは誰にもできるわけではありません。錦織選手でもうまくいかないこともあるし、ミスが続くこともある。自分の理想のテニスをしていなければ気が済まないと考えているから、ミスをすると落胆し、プレッシャーを感じ、筋肉が緊張しすぎてしまうのです。
 
 
・「自分の実力はこんなものじゃない」とアピールしたい
以下の2パターンを想像してみてください。
①1人で壁打ちテニスをしていてネットミスが連発した。
②仲間と練習をしていてネットミスが連発した。
 
あなたはどちらのほうがイライラを表に出しそうですか?
おそらく後者のほうイライラを表に出すのではないでしょうか。前者も後者も自分の行動は同じ、ネットミスを連発したということ。でも周りに人がいるだけで、反応の仕方に少し違いがでるのです。
この反応は「自分の実力はこんなものじゃない」と仲間にアピールしたい、という思いからきているのであれば、改める必要があります。
 
仲間があなたの実力をどう思うかはあなた自身がコントロールできるものではありません。
そう思わせたいならイライラを表現するのではなく、もっと良いプレーをすることに集中するべきです。
よいプレーをすることで仲間はあなたの実力を認めてくれるかもしれません。
「周りにどう思われるか」よりも「自分がどうすべきか」を考えるほうが大切です。
 
 
・調子が悪い自分を仲間に気にかけてもらおうとしている
これも上記と考え方は同じです。コントロールできない周りを動かすよりも、コントロールできる自分を見直すほうが簡単です。
調子が悪いと仲間に気にかけてもらいたいという気持ちはわかります。しかし、練習中に自分のために仲間に気をつかわせるのは無駄な時間です。調子の悪さをアピールすること自体練習の雰囲気を落とします。自分の機嫌は自分でとることができれば一番いいのです。
 
自分のイライラをどう対処すればいいのか、簡単なコツを紹介します。
 
 
それはまず、自分がイライラしていることに気づくことです。
イライラにしていることに気づかなければ対処しようとも思わないので、まずは気づくこと。自分の感情に気づくだけでも少しだけイライラが落ち着いてきます。
 
そして、イライラに気づいたらすぐに「ストップ!!」と頭の中であなた自身に言い聞かせる。これがイライラをストップさせるきっかけになります。そうするとさらにイライラが収まってきます。
 
そして最後に、これからのプレーに集中する。どういうプレーを心がけたらいいかなど、頭を次に向けることでイライラした気持ちを変えていけます。
 
 
思い通りにいかない時に、そう自分と向き合って対処していか。この能力が、試合で勝てる選手と負ける選手を分けているといっても過言ではありません。優れた選手は簡単なボールをミスショットしても、気持ちを切り替えて次のプレーに臨む選手なのです。