「手取り14万・・・日本終わってますよね?」に思うこと

最近、「手取り14万円」のツイートが話題になりましたが、ご存じですか?
 
これは「ガールズちゃんねる」というサイトで、ある方がこのように投稿しました。
 
「アラフォーの会社員です。主は手取り14万円です・・・
都内のメーカー勤続12年で役職も付いていますが、この給料です・・・
何も贅沢できない生活
日本終わってますよね?」
 
 
 
これにたいして堀江貴文さんがご自身のTwitterにて
「日本がおわってんじゃなくて『お前』がおわってんだよwww」
 
このコメントについて賛否両論のリプライ
「ホリエモンごもっとも」「自発的に行動しようと思えば14万円にはならない」と問いする声。
「どんな低賃金な仕事でも、誰かが絶対にやらなければ回らないのが今の社会」と否定する声。
「見下している」「言い方というものがある」と言葉の選び方を否定している声もありました。
 
このことについて私の意見を簡潔に書いてみます。
 
 
 
私の意見もおおむね「『お前』がおわってんだよwww」に同意です。
 
 
12年働いて手取り14万は誰のせい?
日本のせい?
 
私はそうは思いません。それは『お前』のせいです。
 
12年前にその会社で働きたいと履歴書を出したのは誰?
 
14万円に納得できないなら、その会社を辞めてもっと条件の良い職場に転職できた。それをしなかったのは誰?
 
派遣会社に登録して、毎日単発のお仕事だけやっていても手取り14万円は上回ります。(これは私自身が実証済みです。)そういうことをしなかったのは誰?
 
にもかかわらず「日本おわっている」と。
 
 
 
夢をかなえられない人、目標を達成できない人、理想に近づけない人、の共通点を一つ上げるとしたら、今の自分の身の回りの事を「他人のせい」にする人だと考えています。
 
逆にそれらをかなえている人は、何か不都合なことがあったとしてもそれを他人のせいにせず、自分事と考えて向き合うことのできる人です。
 
 
 
2001年ウィンブルドン選手権で優勝した元世界ランク2位のゴラン・イワニセビッチ選手は選手時代に腕を痛めて試合に負けてしまったときにこのようなことを言っていました。
 
「私はプレーに徹するだけ、言い訳を探したりなんかしない。負けはただの負け。腕が痛かったからではない。」
 
腕が痛かろうと、どんな不利な環境でも、目の前にある結果に言い訳をしない。この姿勢があったからイワニセビッチ選手はここまで活躍できたのだと思います。
 
手取り14万円という今の状況を「他人のせい」にするならば、この投稿者は「終わっている」と思うのです。
 
 
 
もう一つ。仕事をもらえて、月14万円いただいていることに感謝の気持ちが感じられない点も気になります。
 
会社にとっては仕事を任せるのは投稿者ではなく、他の人でも良かったかもしれません。そこを投函者の方が仕事を任せてもらえている。それだけでもありがたい事です。その思いがあればこのような投稿はしないでしょう。
 
後に堀江さんも言っていましたが、14万円でもYouTubeやNetflixなどで面白い動画をたくさん観られますし、14万円以下で生活している人も日本にはたくさんいるでしょう。家賃など固定費を節約して工夫して生活すれば貯金だってできるはずです。
 
 
 
上記の投稿をしたのは、共感してもらえれば心が楽になる。楽になりたい。という思いで発信したのかもしれないので、投稿者にとっては必要な発信だったのかもしれません。
 
ただし、今後も同じように、他人のせいにして不平不満ばかり言っているのでは「本当に終わってしまいます」。その時間があるのなら、なりたい自分に向かって何をすべきかを真剣に考えた方がよっぽど生産的ということです。